手彫り 三角バングル スタンプワーク シルバーバングル メンズ インディアンジュエリー ブランド Dear Blossom バングル sb001 ディアブロッサム ナローインディアンジュエリー ストアー トライアングルバングル B-023 Dear,365lessons.in,ジュエリー・アクセサリー , メンズジュエリー・アクセサリー , インディアンジュエリー , バングル,/automobilist102447.html,Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー,バングル(B-023/sb001),6930円,手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド 6930円 手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド Dear Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー バングル(B-023/sb001) ジュエリー・アクセサリー メンズジュエリー・アクセサリー インディアンジュエリー バングル 手彫り 三角バングル スタンプワーク シルバーバングル メンズ インディアンジュエリー ブランド Dear Blossom バングル sb001 ディアブロッサム ナローインディアンジュエリー ストアー トライアングルバングル B-023 6930円 手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド Dear Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー バングル(B-023/sb001) ジュエリー・アクセサリー メンズジュエリー・アクセサリー インディアンジュエリー バングル Dear,365lessons.in,ジュエリー・アクセサリー , メンズジュエリー・アクセサリー , インディアンジュエリー , バングル,/automobilist102447.html,Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー,バングル(B-023/sb001),6930円,手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド

新作販売 手彫り 三角バングル スタンプワーク シルバーバングル メンズ インディアンジュエリー ブランド Dear Blossom バングル sb001 ディアブロッサム ナローインディアンジュエリー ストアー トライアングルバングル B-023

手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド Dear Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー バングル(B-023/sb001)

6930円

手彫り/三角バングル/スタンプワーク/シルバーバングル/メンズ/インディアンジュエリー/ブランド Dear Blossom(ディアブロッサム)トライアングルバングル/ナローインディアンジュエリー バングル(B-023/sb001)








商品詳細

ブランド名:Dear Blossom/ディアブロッサム
作品名:トライアングルバングル/ナロー
品番:B-023

素材:SILVER950
幅:約3mm

厚み:約2.5mm

サイズ:S・M

各サイズの手首周りはS=13~15cm、M=15~16.5cmに基本対応しています。
各サイズとも手首周り±0.5~1cmまで微調整可能です。
※微調整をご希望の方は備考欄に手首周りのサイズをご記入下さい。空欄の場合は、調整はぜずにそのままお届けいたします。

※着用画像のモデルは手首周り16cmです。


ギフト対応
# by gongxifacai | 2021-09-30 11:15 | 個展・展示会情報 | Comments(0)
群をつくったチーター
前にも書いたけれど、地上を生きる哺乳類で一番好きな動物がチーター。

まず第一にネコ科の動物であること。
しなやかな身体とその能力。
そして悲し気な表情と群れを作らないこと。

ところが私のそんな気持ちを裏切るようなことを知ってしまった…


昨日再放送されたNHKのワイルドライフ「群を作った5頭のチーター」を見た。
(5月に「ダーウィンが来た」でも放送されたみたいです)
アフリカ・ケニアの大平原。ここに、常識を覆すチーターが暮らしている。普通、チーターは単独行動をするが、なんと5頭のオスが群れを組んでいるのだ。ワイルドライフはこの群れを3年前から取材。当時は2歳半の若者だったが、今は立派な大人に成長した。見事な連携を見せる狩りの技や、メスを射止める驚きの作戦、さらにリーダーの交代劇など、様々な変化も現れている。前代未聞のチーター5頭の群れ、その驚きの暮らしを追う。

チーターは母親だけで子育てをする。
子どもたちは半年ほどで離乳するが、
15~17ヶ月ほどの間は子どもたちだけの群れをつくって
母親の近くで生活をしている。
雌雄共に1年半から2年程で性成熟し、その後独立していくのが普通である。

ところがこのマサイマラの5頭は2歳半になっても群を作って暮らしている。

天敵のライオンが縄張りに来ると、5頭は遠巻きにしてライオンを囲む。
ライオンに追いかけられるとチーターは逃げる。
しかし一頭を追いかけると、背後に別なチーターがいるので
ライオンも落ち着かない。振り向いて別な一頭を追いかける、
しかしさらに背後には…
そんなことを繰り返すうちに、嫌気がさしたライオンは
諦めて縄張りから出て行った(ライオンのほうが体重差4倍!)
チーターたちが群を作ることの大きな理由の一つがこれ。


そしてもう一つの理由が協力して獲物を狩ること。
5頭で獲物に忍び寄って、一頭が率先して追いかける、
仕留めると他の4頭が脚や背中に食らいついて一気に倒す。
または振り切られそうになると、追手が交代する…

この群のリーダーはオルパダン(マサイ語で狙撃手)狩りが上手い。
一方、オルニョク(努力家)は獲物に近づくタイミングを図るのが下手で、
いつもフライングをして失敗してしまう。
そのたびにオルパダンに怒られて噛まれたり蹴られたりしていた。


2020年、5歳半に成長した5頭は同じ顔触れで群を形成していた。

この3年でオルニョクは立派なハンターへと成長していた。
かつてのリーダー・オルパダンは群れの最後尾から遅れがちについていく。
前年に仲間との争いから大怪我をして足が不自由なのだ。

オルパダンは力を誇示するために仲間に乱暴な行動をとっていたのだけれど、
それが過ぎて反発を買ってやられてしまったという。
しかし群れから出ていくこともなく、追い出すということもない。
新しいリーダーはウィンダ(狩人)という。
オルパダンのミスで狩りに失敗しても、ウィンダは責めたりはしない。
仕留めた獲物をオルパダンにも分け与えている。

この5頭の糞を採取してDNAを調べたら、オルパダン以外の4頭は兄弟だった。
オルパダンが群れの仲間に対して過剰に乱暴な行動をとって力を誇示していた
わけは、そこにあったのかもしれない。

やがて足のケガも回復して、狩りの時もミスをしなくなったオルパダン、
プライドは取り戻したがリーダーに戻ることはもうないようだ。



彼らは3年の間に役割分担を明確にして、
存続のためより協調性を身に着け暮らしていた。

チーターには決まった繁殖期はないという。
雌に雄を受け入れる準備ができたときがその時、
つまり雌が主導権を持っている。

雌が雄の縄張りに入ってくるとあちこちに臭い付けをする。
その臭いで雄は雌の存在を知り、機会を待つ。

3年前は1頭の雌に5頭の雄が取り囲んで次々と挑んでいたけれど、
それを雌が嫌がり縄張りから出て行ってしまった。

これに学んだ雄たちは子孫を残すために、雌の意向を尊重し、
雌が気に入った雄だけが群れから離れて2頭で一定の時間を過ごす、
という行動が見受けられるようになったという。


私の愛する「孤高の生き物・チーター」が群を作るようになったとは!
残念ではあるけれど、チーターには絶滅してほしくないので、
この新たな「群を作るチーター」を私も受け入れることにしよう。

ちなみにこの現象はケニアのマサイマラでの観察研究によるものなので、
他の地域のチーターたちがどうなのか定かではない。



今回チーターの生態に関して参考にしたサイトです。
いい写真が見られます。
*動物図鑑⇒チーターさんのプロフィール

# by gongxifacai | 2021-09-28 13:31 | お気に入り | Comments(0)
心強い味方、です
イラストレーター岡田知子さんの本「きもの語辞典」が出版されました。



着物にまつわる、いわば百科事典として、着付けやマナーなど基本的な知識はもちろんのこと、着物=日本の服飾文化として、歴史にまつわるあれこれや、着物を愛した俳優や文化人、映画や伝統芸能、文学などについても、イラストとともに丁寧に読み解きます。

私は着物を着ないけど(これからも、多分)着物には興味があるし、
周りにも着物関係の制作や販売、紹介をしている方がたくさんいます。

そんな方々と分かったふりをして話を合わせていることが、
実はよくあります。
話の腰を折ってはいけないと思って、聞きそびれてしまうことも多多。

でももう安心です、この本を手に入れましたから!

岡田さんの絵を見るとちょっと懐かしい
昭和の日本映画が思い起こされます。
女優さんたちが着物を日常的に着ていたころの懐かしさ、
でしょうか。

おお、著者の紹介にも
今後は、昭和30年代以降のまだ着物が普段着だった時代などの、
物語や小説世界の装画をライフワークに据えている。
とありました。
岡田さんご自身も、そんな映画の中の登場人物のような
ちゃきちゃきっとした着物の似合う美人さんです。

岡田さんの着物歴はもう30年だそうです。
ずいぶんとお若い時から着ていたんですね。

それでこの本は「辞典」というタイトルなんですけど、
随所にコラムもあって、時には取材にも行かれて、
「結城紬見聞録」なんてたいそう読み応えあります。

ぱらっと開いたページで「羽織」が目に留まったら、
単に文章で羽織の説明をするだけではなくて、
羽織の着方や脱ぎ方の所作もちゃんと描かれていています。
ああ、子供の頃よくこういう仕草を目にしたなぁなんて
感慨にふけってしまいました。

さらにページを進めたら今度は「半纏」が出てきて、
羽織との違いの説明がありました。
どうしてわかったのかしら、私の疑問が…


*****   *****

岡田さんと知り合ったのは例の「田中昭夫騒動」がきっかけでした。
そうそう、この辞典にも「田中昭夫」という項目があってびっくり。

添えられた「かたばみ」柄の帯は岡田さんが、
この時に選ばれたものです。

そして青山での頒布会にその帯を締めて駆けつけてくれました。

ご自身のブログでは「顔出し」されていませんが、
私が正面から撮った田中さんとのツーショット写真がありまして、
田中さんがとっても嬉しそうな顔で写っているので
お伺いしたところ「他所ではおまかせ解禁です」と
お茶目なお返事をいただきましたので
当時のブログにそのご尊顔載せております。

*****   *****

「きもの語辞典」岡田知子著・木下着物研究所監修
 誠文堂新光社

# by gongxifacai | 2021-09-26 00:06 | お気に入り | Comments(0)
美味しいもの
菜と果を主宰しているセトキョウコさんはマスミツさんのパートナー
今回の個展には、そんなセトさんの美味しいものも並びました。

中でも私の眼を引いたのがこちらの桃のコンポートです。



なんて美しいんでしょう♬と手に取って見惚れていたら、
スタッフのKさんが「セトさんの一押しですよ~」と囁くんです:笑




果物はそのままが一番美味しいとおもっていますけど、
上手に手が加えられた果実はまた格別。
だたしその手加減が難しいですよね。



山梨は果物が豊富で、季節ごとにさまざまな味が楽しめるそうですが、
でもやはり冬はちょっと途切れることがあるので、
そんなときのお楽しみが、コンポートなんですとマスミツさん。
これぞ保存食のあるべき姿!


そういえばずっと前のことを思い出してしまった。



セトキョウコさんの桃のコンポートに躊躇なく手が伸びたのは
ずっとこのこの時の後悔が心のどこかにあったのかもしれない。


【この商品はネット販売のみとなります。】 【レビュー2件!】【レトロ型タイプ!】【バスケット取り付けタイプ】【スチール製】【パワーLEDチップ】【明るさ3倍!!★★★】【単4電池3本】ビーチクルーザー砲弾型ライトバレットLED電池付属fivecard-bikeファイブカードビーチクルーザー自転車ライト by gongxifacai | 2021-09-22 10:21 | お気に入り | Comments(0)
メンテナンス用品 0のつく日限定 ポイント最大20倍 フジクリーン N6 ダイヤフラム セット MAC30N/40N/60N ダイアフラムセット 純正部品 浄化槽 エアーポンプ ブロワー『補修部品-フジクリーン』


*今後緊急事態宣言が延長されましたので、展示の中止や延期もあります。

*入場に際して事前予約・マスクの着用・アルコール消毒、
 入場制限など予想されます。
 詳細は各会場のHPでご確認の上、お気をつけてお出かけください。




*ワークショップ開催日は見学も予約制です。


二名良日、みちくさ庵・山本あまよかしむ二人展
植物(いのち)に向き合う、輪



日 時 2021年9月23日(木)~9月26日(日)・30日(木)~10月3日(日)
時 間 11:00~17:00
会 場  gallery KEIAN 文京区白山4-8-11
植物(いのち)に向き合うお二人、
それぞれの信念がかたちづくる輪をご覧いただきたいと思います。
二名さんはほぼその大半を刈られ、
あるいは捨てられていく花や枝物を使って、
それらを供養するように抱きしめるように輪を作られます。
山本さんは自らの足で移動できる範囲の草を、
自らが加工できるだけのものを刈って縄を綯って輪に仕立てます。
やがて土に還るものたちが、お二人の手によって新たないのちを吹き込まれ、輝きをまとう作品に生まれ変わります。
迷い多き世相の中、ここには確かな信念の結実(輪)が在ります。

*詳細は⇒こちらで。






CO-のボタンフェア



日 時 2021年9月23日(木・祝)~10月4日(月)*28・29日休み
時 間 11:00~18:00 最終日は17:00まで
会 場 木木 鎌倉市由比ガ浜2-8-7 大野ビル101
昨年に続き2回目のCO-さんのボタンフェア。
ヨーロッパの一点もののボタンや、新入荷のベツレヘムパールを
届けてくださるとのことで、誕生も素材もさまざまなボタンが
並びます。
どこを見渡してもボタンが並ぶCO-さんのお店の一部分が
移動してくるようなイメージでおります。どうぞお楽しみに!

*CO-さんHP





Og+kocari
​彼方の手 此方の手 vol.10



日 時 2021年9月24日(金)~28日(火)
時 間 12:00~18:00 最終日は16:00まで
会 場 東京おかっぱちゃんハウス 練馬区上石神井3-30-8
11年前に始まった、インドの布のkocariとタイ、ベトナムの衣のOgで始めた「彼方の手 此方の手」。おかっぱちゃんハウスでの開催も4回目となります。
これまでもこの展示を通じてたくさんの皆様とお会いすることができました。本当にありがとうございます。
自分達は異国の地で作られたものを紹介することを通じて、自分達の通っている彼方のクニの空気感、作りての想い、彼方からの声を同時にお伝えできたらと思っています。
今年はこのような事態になり、国内はもとより海外への渡航が難しい事態になてしまいました。そして彼方のクニでも同じ大変な状況になっています。
そんななかでも自分たちにできることは、やはり彼方からの声を届け続けること。手に取って、耳を澄ましていただければ、きっと聞こえてくると思います。
期間中、今までと同じくヤスダ屋のお弁当やカフェ、samosa wala timokeのサモサもあります。テイクアウトもできます。
是非にというのは難しい状況でもありますが、注意を払いながら開催させていただきますので、お立ち寄りいただければと思います。







Ohama
-革小物受注会-



日 時 2021年9月25日(土)~26日(日)
時 間 12:00~18:00
会 場 ヒナタノオト 中央区日本橋浜町3-16-7スプラウトビル1階
クリスマスプレゼントを今からオーダーしませんか。
受注を中心に制作するOhamaの革小物を、
クリスマス前にお渡しできるように受注会を行います。
大切な方へ、あるいはご自身へ。
一足早くジングルベルのご準備を。

オンラインでの受注は9/30(木)~10/3(日)


*30日(木)19:00~ 出展作品の通信販売を開始



長谷川 奈津 展



日 時 2021年9月25日 (土)~ 10月3日 (日)会期中無休
時 間 11:00~18:00
会 場 rsつじどうや 藤沢市本町3-15-28
奇をてらわず、自然体のうつわ。
林檎灰・松灰・粉引など、秋色の景色をどうぞご高覧ください。







インド、大地が生んだ更紗と手わざ
GAYA



日 時 2021年9月29日(水)~10月12日(火)
時 間 10:00~19:00
会 場 三越日本橋本店本館5階 歳時記プロモーション
人々が使うことを第一に作られた布たちは、大らかに威張ることなく、長いインドの歴史に存在してきました。
太陽や土の手を借り、自然とともに仕上げた一枚の布を、人々が大切にしてゆく姿勢は、現代の私たちにも学ぶことが多くあります。
木版染めをはじめ、脈々と受け継がれてきたインド各地の布をご紹介いたします。
日々の暮らしに合ったインドの技をぜひご覧ください。

*GAYA⇒HP





谷口聡子個展
emerge



日 時 2021年9月30日(木)~10月4日(土)
時 間 12:00~19:00 最終日は18:00まで
会 場 hako gallery 渋谷区西原3丁目1-4
能動、受動、無意識、意識が交じり合いながら、
運動が運動を生みながら、衝動のままに表出させる。
意志の行為の源泉を探る試み。
棒針編みによる造形物の展示です。
全日の終日、制作しながらお待ちしています。
会期中の10月2日(土)、3日(日)の両日、
ギタリスト坂ノ下典正さんが展示空間の中で演奏して下さいます。
坂ノ下さんのギターの演奏に包まれながら制作します。
どんな物が生まれるのでしょうか。

*谷口聡子さん⇒HP



# by gongxifacai | 2021-09-20 12:11 | 個展・展示会情報 | Comments(0)